MENU

冷え性の原因

毎日忙しく過ごしていると誰でも身体の不調を感じることはあると思います。身体の不調にもいろいろなものがありますが、特に冷え性でお悩みの方は多いのではないでしょうか。万病の元と言われている冷え性は女性の悩みと思われがちですが、今では男性で冷え性に悩む方も増えてきており、冷え性治療を受けてもなかなかよくならないという方もいると思います。

こちらでは、そんな冷え性の原因について紹介していますので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

血流の悪化

冷え性になる原因として大きく関わってくるのが、血流の流れです。血がドロドロ、ネバネバの状態になってしまうと、血液による栄養補給や老廃物の排出が滞っている状態になります。そのため、細い血管を通る血液の流れが悪くなってしまうことで冷え性になってしまいます。また、血流が悪化すると身体が冷えやすくなる上に、基礎代謝が低下する原因にもなります。冷え性治療をするなら、まずは血流の悪化を改善させましょう。

自律神経の乱れ

不規則な生活をしていたり、ストレスを抱えていることで自律神経がうまく体温調節の命令を出せなくなってしまいます。また、今では常に空調が効いているところが多くあり、室内外の温度差があることで自律神経の機能が乱れてしまうのです。そのため、暑い夏でも冷え性になってしまう方が多くいます。

皮膚感覚の故障

人が外部気温の変化で最初に寒さや暑さを感知するのが、皮膚感覚です。寒さや暑さなどの情報を脳へ送ることで自律神経の体温調整機能が働き、体温が調整されます。しかし、皮膚感覚が鈍っていたり、麻痺していたりすると寒いという感覚をうまく脳へ伝えることができなくなり、身体が冷えてしまうのです。

冷え性を治したいなら、まず血流改善を目指しましょう。辛い冷え性でお悩みの方は、整骨院などで冷え性治療を受けることもおすすめです。
松本市周辺で整骨院をお探しの方は、是非本庄泉の森整骨院をご利用ください。

本庄泉の森整骨院では、冷え性はもちろん、ムチ打ちやスポーツ外傷・スポーツ障害、骨盤矯正や肩こり腰痛、膝痛など様々な身体の痛みに対応しております。辛い身体の痛みや冷え性でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

Copyright © 本庄泉の森整骨院 All Rights Reserved.