MENU

歩き方から見直す健康

姿勢が悪く正しい歩き方ができていないと体に歪みが生じる・腰痛を引き起こすなど、健康に影響を及ぼします。自分が正しい歩き方ができているかチェックしてみましょう。靴底の減り方を確認してみれば、簡単に歩き方の癖を見つけることができます。

つま先から減っていく

靴底のつま先部分から減っている場合、つま先に体重がかかった状態で歩いていることになります。特にヒールを頻?に履く女性に多い減り方ですが、つま先に常に体重がかかっている状態が続くと外反母趾になりやすく、転びやすいという特徴もあります。

かかとから減っている

靴底のかかと部分が減っている場合、かかとを引きずりながら歩いている可能性があります。原因の一つとして考えられるのが腹筋と背筋の衰えによって引き起こされる猫背です。腰痛の原因にもなりますし、低い段差でもつまずくこともあります。

外側から減っていく

靴底の外側部分が減っている場合、足の内側部分の筋力の低下が原因となっている可能性が高いです。そのまま身体の歪みを放置してしまえば外側部分の筋肉が張り出してしまいますので、O脚や脚全体のバランスが崩れる可能性もあります。

内側から減っていく

靴底の内側部分が減っている方は、内股で歩く方やX脚などが原因となっている可能性が高いです。高めのヒールを履く女性に多いのですが、足裏にタコや魚の目などができやすい傾向があります。骨盤が前傾傾向にあるため、その他にも腰痛やぽっこりお腹などを引き起こす可能性もあります。

左右で減りが違う場合

骨盤が歪んでいる場合は、左右で減り方が違ってきます。身体の要とも言われる骨盤が歪んでいる場合は、脚のバランスが悪くなってしまうだけでなく、腰痛や肩こりに頭痛などを引き起こしてしまう可能性があります。定期的に骨盤矯正などで身体のバランスを整えることが必要です。

長野県松本市で骨盤矯正の施術を受けられる整骨院整体院をお探しの方、松本市本庄にある本庄泉の森整骨院をご利用ください。本庄泉の森整骨院は松本駅から徒歩10分のところにあり、骨盤矯正をはじめ、肩こり・腰痛・膝痛などの慢性的な身体の痛みに対する施術や交通事故による痛みに対する施術を行っております。相澤病院近くにありますので、是非お気軽にご利用ください。

Copyright © 本庄泉の森整骨院 All Rights Reserved.