MENU

スポーツを楽しむために

身体の不調を整える整骨院は、交通事故治療としても代表的なムチ打ちをはじめ、首痛や腰痛、捻挫など、様々な痛みの緩和に努めています。そのため、交通事故治療やスポーツ外傷・スポーツ障害で整骨院をご利用される患者様は多いです。

こちらでは、松本市の本庄泉の森整骨院でも対応しているスポーツ外傷・スポーツ障害について記載いたします。スポーツを長く楽しむためにも、スポーツ外傷・スポーツ障害について知識を蓄えておくことはおすすめです。

スポーツ外傷・スポーツ障害について

まずは、スポーツ外傷・スポーツ障害がどのようなものなのかを簡単にご紹介します。

● スポーツ外傷

スポーツ中の急激な力が及ぼした怪我のことで、骨折や脱臼、打撲、肉離れなどが症状として挙げられます。怪我をした原因が明らかで、治療に関してもリハビリや時間の経過が怪我の痛みを和らげてくれます。

● スポーツ障害

スポーツ中に行われる繰り返しの動作によって、身体の一部分を酷使したことによる怪我のことです。症状には、テニス肘や疲労骨折、シンスプリントなどが挙げられます。スポーツ外傷とは違い、怪我の原因に気づかず治療が長期化することも多く、後遺症となって痛みが残ってしまう可能性もあります。

対策方法

スポーツを長く楽しむためにも、スポーツ外傷・スポーツ障害は避けたいものです。こちらで対策方法について記載しますので、是非参考にしてみてください。

● ウォーミングアップ・クールダウン

対策方法のひとつとして、各種目に合わせたウォーミングアップ・クールダウンは非常に重要です。身体の可動域を広げる、身体の疲労を軽減する役割のあるウォーミングアップ・クールダウンを行うことで、スポーツ外傷・スポーツ障害を引き起こす可能性も低くなります。

● RICE処置

Rest:損傷部を固定して、痛みの軽減や怪我の悪化を防ぎます。
Ice:患部を冷却して、痛みの緩和や炎症を抑えます。
Compression:患部を圧迫して、腫れや出血を抑えます。
Elevation:損傷部を胸よりも高い位置に固定して、痛みの緩和や腫れを軽減します。

RICE処置は損傷した部分のダメージを最小限にとどめるために行われる応急処置です。スポーツ競技に早期復帰するためには欠かせない対処法になりますので、適切な処置方法を覚えておくと良いでしょう。しかし、明らかに損傷部分が手に負えない場合には、すぐに救急車やドクターを呼び、必要以上のことはしないようにしましょう。

松本市に店舗を構える本庄泉の森整骨院では、交通事故をはじめとした保険適応の施術からスポーツ外傷・スポーツ障害、また自費治療にて格安で骨盤矯正、肩こり・腰痛などの慢性的な身体の不調に対応した施術を行っています。松本駅周辺で整骨院をお探しの方は、是非ご来院ください。

Copyright © 本庄泉の森整骨院 All Rights Reserved.