MENU

血流が悪いと起こる不調

心臓から全身に送られる血液には、大きく分けて2つの働きがあります。体内に取り込まれた酸素や食事から吸収された栄養分を全身に送る運搬。体内から出た老廃物や疲労物質などを回収。

その働きがあって私たちの身体は活動しています。そんな血液の流れが滞ってしまったらどのような影響があるのでしょうか?こちらでは、血流の悪さが引き起こしてしまう不調をリストアップしました。松本市内でこれらの不調にお悩みの方がおりましたら、是非本庄泉の森整骨院にご相談ください。

慢性疲労

基礎代謝低下やストレスによる自律神経の乱れなどにより血液の流れが悪くなり血液中に老廃物が溜まってしまうと、上手く栄養素を吸収・運搬することができません。そうなると疲労物質を代謝できずに慢性疲労の状態に陥ってしまいます。最近疲れが取れないという方は、積極的にリラックスできる時間を作ってみてください。手軽にできる半身浴を毎日続けるだけでも血流改善や疲労回復を目指せるのでおすすめです。

肩こりや頭痛

血流の悪さから肩こりや頭痛が起こってしまう理由としては、筋肉の疲労が挙げられます。デスクワークなどのように長時間同じ姿勢を取り続けていると、肩や首周辺にある使われない筋肉が徐々に固くなってしまい血流が悪く栄養不良の状態になってしまいます。痛みが酷い場合には専門的な治療も必要になってしまいますので、肩や首などのストレッチを日頃から取り入れてみてください。

生理痛と冷え性

大量に血液を必要とする生理ですが、血液の流れが悪いとさらに辛く感じてしまう傾向にあります。生理に関るプロスタグランジンという物質は、子宮の収縮、経血の排出、痛みを感じさせるなどの役割を持っています。

血流の悪い方は子宮の収縮を促す際にも、大量のプロスタグランジンの分泌が必要とされるのですが、その度合いによって痛みも増加します。特に子宮周辺に冷えがあるという方は、冷え性が原因となり血流低下、プロスタグランジン分泌量の増加、生理痛という具合に痛みが起こっている可能性もあるので注意が必要です。

松本市内にお住まいの方で血流低下による不調が気になるなら、松本市本庄にある本庄泉の森整骨院をご利用ください。冷え性ケアのメニューとして、毎秒2700万回振動する超短波機器を使った施術を行っております。

また冷え性ケア以外にも、ダイエットや腰痛でお悩みの方向けの骨盤矯正や柔整マッサージにもみほぐしなど、お一人おひとりに合わせた施術をご用意しております。是非日々の健康管理にお役立てください。

Copyright © 本庄泉の森整骨院 All Rights Reserved.